ラチとらいおん

絵がとっても可愛いです。
そして、お話がとってもいいです。
胸がじいんと熱くなります。そして勇気がわいてきます。

ラチという世界で一番弱虫な男の子のところに、
小さならいおんがあらわれて・・・
ラチはだんだん強くなっていきます。

最後にはらいおんは置手紙をして去っていってしまうのですが、
その手紙を読んでいると、毎回ちょっと泣きそうになってしまいます。


長男と次男は、ラチがだんだん強くなっていくところに憧れるようで、
特に怖がりの長男は、
「僕のところにもらいおん、来てほしい・・・どうやったら来てくれるのかな」と。

8歳になり、だんだん生意気なことも言うようになってきた長男ですが、
そのセリフを聞いた時は、ただただ愛しくて。
良い絵本に出会ったなぁと思いました。

とにかくおススメの絵本なのですが、特に男の子にはぜひ読んでもらいたいです。


画像














こんな可愛いらいおん   ほんとにうちにも来てほしい



ラチとらいおん
楽天ブックス
商品副データ世界傑作絵本シリーズM・ベロニカ/とくながやすもと福音館書店この著者の新着メールを登録す


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック