じゃあじゃあびりびり

長男の4カ月検診の待ち時間に、
保健婦さんが読んでくださった絵本です。

もう15年近く、保健センターで検診のお仕事をしておられるという、
おっとりと優しげな保健婦さんが、
「ことばのリズムが心地よくて、小さな子供さんも喜びますよ」
と、おっしゃられていたので、購入してみたのです。

さすがに4カ月の頃は、絵本の内容には興味を示しませんでしたが、
8か月頃から、絵本の中の踏切のページが大好きになり、
そのページばかり、何度も何度も読まされました。

その後、次男、三男もお気に入りのページは違うけれど、
やはり、何度も何度も「読んで~」と持ってくる、とっておきの絵本です。

ちなみに、次男のお気に入りは、
「そうじき、ぶいーんぶいーんぶいーん」のページ

三男のお気に入りは、
「ねこ、にゃんにゃんにゃんにゃん」のページでした


三人の息子が順番に読んだので、あちこちテープで補修したりして、
もうボロボロになっているんですけど、
ずっと手元に取っておきたい、大事な絵本です。




じゃあじゃあびりびり改訂
楽天ブックス
商品副データあかちゃんのほん松井紀子偕成社この著者の新着メールを登録する発行年月:2001年08月登


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



"じゃあじゃあびりびり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント